火災保険、地震保険って?

火災保険とは?

火災保険とは?

火災保険とは損害保険の一つで、建物や建物内に収容された品物(住宅内の家財道具、店舗の什器・備品・商品、工場の設備・機械など)が火災・落雷・風水害によって受けた損害を補填する保険です。
火災保険といっても、火災損害を補償するだけでなく、落雷・ガス爆発・風水雪害・盗難による損害など、人災から自然災害まで幅広く補償されるようになっています。

また、ご契約者の判断により、補償の内容を手厚くしたり、ムダな補償を省いたりすることもできあす。〈リスク細分型火災保険〉更に、いくつかある特約を付帯することで日常生活における物の損害を幅広く補償することもできるようになっています。

地震保険とは?

地震・噴火・津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害を補償します。(火災保険ではこれらの損害は補償されません)
火災保険にオプションとして追加契約する必要があります。(地震保険単独での契約は出来ません)
また、地震保険は居住用建物またはその建物に収容されている家財が補償の対象となります。(専用店舗・事務所・工場などの建物およびその建物に収容されている動産は地震保険の対象とすることはできません)

補償の対象となる建物の分類

住宅物件
居住用建物(専用住宅)がこれにあたります。
一戸建ての専用住宅、マンション、共同住宅等です。
建物内に店舗や事務所などがない物件です。
一般物件
店舗併用住宅、店舗、事務所、一定規模以下の作業場などがこれにあたります。
業務内容によって保険料が変わります。
工場物件
一定規模以上の作業をする物件建物を工場物件としています。
一定規模とは、電力・動力・作業人員数で判断します。
作業内容によって保険料が変わります。
倉庫物件
専ら動産を収容することを目的とて作られた建物を倉庫物件としています。
収容される動産の種類によって保険料は変わります。
※上記全ての物件とも、建物の構造(鉄筋・鉄骨・木造等)によって保険料が変わってきます。
専用住宅・併用住宅(一部)建物/家財の火災保険
専用住宅と併用住宅一部の建物/家財を対象とした火災保険には『個人用火災総合保険』や『積立火災保険』があります。
住宅物件対象に手厚い補償が選択できます。
地震保険
地震保険に関する法律に基づいて、政府と民間の損害保険会社が共同で運営している制度です。住宅物件を対象とした、地震・噴火・津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害を補償します。
地震保険単独の契約はできません。火災保険とのセット契約となります。
店舗や企業の火災保険
併用住宅・専用店舗・事務所・作業場・工場等を対象とした火災保険です。補償内容が限られた『普通火災保険』と補償内容がワイドな『店舗総合保険』『積立火災保険(一般物件用)』があります。
どんな些細な事でもお尋ねください!
当社のスタッフ一同、お問い合わせをお待ちしております。

page top

お見積りご相談

個人情報及び勧誘方針について
個人情報の利用目的に関する事項
個人情報保護方針(プライバシーポリシー)
勧誘方針
アクセス
アクセス

infomation

有限会社 中央保険サービス
〒212-0022
神奈川県川崎市幸区神明町2-8-14

火災保険を中心に各種保険の取扱い。お見積り無料!
[営業時間]
9:00~20:00
[営業日]
月曜日~金曜日
(土曜日・日曜日は隔週にて営業)
※年末年始を除く
TEL : 044-541-7501
mailform